今狙い目の国家試験とは

###Site Name###

国家試験と聞くと、難しいというような印象をもたれることが多いと思います。

代表的な国家資格というと、「医師」、「弁護士」、「公認会計士」と答える人が多いです。
今回は公認会計士に絞って書いてみます。


まず、公認会計士の仕事として代表的なものとしては三つあり、監査業務、税務業務、コンサルティング業務になります。

一つ目の監査業務は公認会計士だけが行うことのできる独占業務であり、上場企業が提出する財務諸表のチェックだと考えていただいて構いません。税務業務は企業の納めるべき税金の計算、コンサルティング業務は主に企業の経営者に対してより良い経営方法を提案する仕事になります。一旦試験のことに戻らせていただくと、公認会計士試験は、国家試験のうちでもかなり難しい試験になります。

公認会計士試験を突破するためには、一般に、3,000時間の学習が必要だと言われています。


しかし、この公認会計士試験を突破することができる人はみんながみんな、頭のいい人だという訳ではありません。
いわゆる高学歴の人だけが受かるような試験ではないのです。

試験の流れとして、公認会計士試験は、短答式試験と論文式試験の二つに分かれ、それぞれの試験に合格する必要があります。


まず、短答式試験は5月と12月に実施され、年に二回、半年ごとに行われます。


短答式試験で問われることとなる科目は、「財務会計論」、「管理会計論」、「企業法」、「監査論」の四つになります。

「財務会計論」は、いわゆる簿記と呼ばれ、企業の取引を数字で表すための会計処理の仕方とその会計処理の基礎となる考え方について問われます。

「管理会計」は、財務会計論を工場などで行う生産活動に適用したものと考えていただけると分かり易いと思います。

そして「企業法」は、その名前の通り、企業に関する法律について問われ、企業が守るべきルールのことだと考えていただけるといいと思います。

最後に、「監査論」ですが、この科目は初めの方に書かせていただいた公認会計士の仕事のうち監査業務に大きく関わるものであり、監査業務の手順、行うべき手続きについて問うものになります。
試験について説明させていただくため、簡単に各科目について説明をさせていただきましたが、一見難しそうに見えるこれらの科目は、実は中身を見てみると、頭のいい人だけが理解出来る内容ではないのです。

科目一つ一つの中身は、中学生や高校生でも理解できるような内容がほとんどを占めています。

ただし、各項目で問われている事項の量は多いため、資格取得のために3,000時間かかると言われているのです。諦めずに受験を続け、時間さえかけることができるのであれば、どんな人でも受かると言われているのが公認会計士試験です。
そのため、タイトルに狙い目の国家試験と書かせていただきました。

ここで試験の流れに戻させていただくと、短答式試験に合格した後は、毎年8月に行われる論文式試験を受験することになります。

この論文式試験は、短答式試験の4科目に加え、「租税法」とご自身で「経営学」、「経済学」、「民法」、「統計学」の中か一つ選んでいただき、計6科目受験をすることになります。ここで問われる内容のレベルも短答式試験と大きく異なるようなものではありません。

したがって、勉強絵をすれば、理解できる内容になっています。

以上簡単に公認会計士試験について書かせていただきましたが、ご興味がある方は是非挑戦してみてください。

https://i.4meee.com/users/profile/932697
http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20120505/Goorank_26966.html
http://www.yomiuri.co.jp/adv/tsushin/refresh/29.html

これからはゲーム研修の情報を手に入れてみませんか?

安心、信頼のヨガインストラクターの養成情報を利用しましょう。

便利なヨガのインストラクター情報はこちらです。

免許合宿情報に精通したサイトです。

魅力の高い掛川自動車学校の情報を求める人におすすめです。