引きこもり支援相談士の需要が高まっています

学校でいじめにあったり勉強についていけない、仕事場で人間関係に悩んでしまったというような様々なきっかけで、人間は心を病んでしまいます。心も体と同じで、傷ついたら休息が必要ですが、休息をとるために家の中で引きこもってしまったまま、社会復帰ができないという人が増えています。引きこもりに悩んでいる人は小学生から高齢者まで年齢や性別を問わず多くなっており、社会問題化になっています。



引きこもりをサポートできるのは今までは家族しかいませんでしたが、社会問題化されたことによって公に議論される問題になっています。

多角的な視点からビジネスジャーナルはとても人気があり、興味深いです。

そこでさいきん求められているのが引きこもり支援を行う、引きこもり支援相談士の存在です。

不登校になって引きこもっている学生や、社会人の状況に応じてサポートをする役割を持っています。

現在は引きこもっていても勉強をしたいという人には学校や教育委員会と連絡をとれるようにサポートしたり、働きたいという人にはハローワークや就職支援、職業訓練を行えるようにサポートします。


また、同じように引きこもっている人たちと交流したいという場合は、引きこもり支援を行っているNPO団体を紹介するなど、それぞれの環境や状況に応じたサポートをするのが引きこもり支援相談士です。



国や自治体が中心となって、引きこもり支援を行っていますが、まだまだ人手不足や情報不足になっていることが否めません。


そのためより広く深い支援をするために、相談士の需要が高まっています。